スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

日本にゃんこへの遠い道のり その1 

お久しぶりです。
日本に帰国してから2週間ほど経ちましたが、
引っ越しと新しい仕事の準備で猛烈にバタバタしていました。

前回も書きましたが、猫達は成田で係留検査が続いています。
寂しい思いはありますが、お世話をして頂いている方から
写真付きメールで状況を教えていただけるので安心しています。
さくらの方が積極的に動いているようですが、あおいも食欲はばっちりのようで
どちらもそこそこ元気に過ごしているようです。



今回の帰国手続きはもう帰れないかも、、、と思うくらいにバタバタしてしまいました。
ちょっと長くなりますが、記録しておこうと思います。

以前も書きましたが、
さくらとあおいの検疫手続きは2012年の時点で完了。
いつでも帰国できるようにしておいたつもりでしたが、、、
狂犬病ワクチンPurvaxの有効期限について
検疫準備をお願いした獣医さんとUSDAオフィスの見解が異なり(過去記事→
去年の夏に1回目のワクチンからやり直すことになってしまいました。

DSC_0915-2.jpg
今日はストック写真をのせておきます。

それでも3月末に準備が終わる予定だったのですが
その後、USDAオフィスのさらなる勘違いで(過去記事→
日本の検疫所のガイドラインには存在しない30日待ちが発生し
結局、その約1ヶ月のしわ寄せが猫達に行く結果となってしまいました。

DSC_0913-2.jpg
なんだか丸いですね〜〜

今回の帰国準備ではUSDAオフィスに泣かされっぱなしでした。
手続きの勘違いもそうですが、何よりも大変だったのは電話もメールもなかなか返事をしてもらえないことでした。
エンドースメント取得のための予約の電話もなかなかつながらず
メールも送ってやっとメールの返事をもらったのが帰国9日前。
そして分かった事は、エンドースメントの業務は金曜日しか受け付けていないという事と
帰国直前の金曜日はもう予約が取れないということ(泣)
メールを受け取った直後に電話をしたらさすがにつながったのですが
他の方法を聞いたら、話の途中で電話を切られました(怒)

その後は、何度電話をかけてもつながらず、
ラボで何度も何度も電話をかけている姿を見たボスが
ちょっと電話変えてみる?と半分興味本位で彼のオフィスから電話をかけてくれました。
そしたら、まさかのまさかで一回目のコールで返答あり。。。

DSC_0914-2.jpg
お約束の空振り(笑)

その後はボス自身が担当さんと交渉をし
隣の州に郵送で書類を送る事でエンドースメント取得の手配をしてくれました。
ボスも感じたようですが、この担当さんは相手を見て態度を変える人のようで
私は完全になめられていたのだと思います。
ボスがわざとらしく肩書きを名乗り、やや強めの態度で話をしたところ
担当さんの対応が途中で変わったそうです。

帰国日が迫った中で郵送でのやり取りはかなり不安がありましたが
幸い隣の州の担当さんは仕事が速く、しかもとても親切な方で
書類が到着したその日に電話があり、今日中に返信するから心配するなと言う事と
さらには「日本で頑張ってね」とまで言われ、ホッとしてちょっと泣いてしまいました。

担当する人によってルールが変わるというのはアメリカ生活あるあるだと思いますが
検疫のように国をまたいだルールまで自分流の解釈を押し通すとは
さすがアメリカ。。。と言うべきなのでしょうか。。。

Posted on 2016/04/04 Mon. 08:34 [edit]

CM: 5
TB: 0

top △

« 日本にゃんこへの遠い道のり その2  |  帰国しました »

コメント

うわー(ごぶさたしています)
お疲れ様でした!
そんなことになってたなんて・・・
アメリカ人にたまにいる権力を振りかざしたい(からかなんか知らないけど)
人見て態度変えるやつめ!!!
あおいちゃんもさくらちゃんも元気でよかったこと。
きっと30日なんかすぐですよ♡
うちももうすぐ…
もちろん手続きまだですが( ; ; )
がんばるど〜

anemone #0XD2YVB. | URL | 2016/04/05 08:35 * edit *

>anemoneさん
大変でした〜〜
途中で何回か泣いてしまいました。そして、最後の一週間のストレスで痩せました(苦笑)
アメリカ人ってホントにいろんな人がいますね。
親切な方も多いんですけど、今回みたいに度を超えた人の超え方がすごいです。

昨日、そちらのブログにお邪魔して、anemoneさんも帰国されることを知りました。
引っ越しと一緒だと本当に大変ですが、無事にみこちゃんと日本に帰国できるようお祈りしてます。

む〜 #- | URL | 2016/04/05 20:02 * edit *

ひどい!!
そんなことってあるんですか。
その担当さん最低です。
信じられないです。

そもそもエンドースメント業務を金曜のみってありえるんでしょうか。
健康診断は本来は出発の二日前とかにやるのが推奨されてるのに、木曜や金曜に出発の人はどうするんでしょう。
自分の時はどうしようと本当に怖くなりました。。
貴重な情報のシェアありがとうございます!
無事に出国できて、改めて本当に良かったですねぇ。。


係留ももう折り返しは過ぎたあたりでしょうか。
元気な二人を早くおうちに迎えてあげたいですね。

Y #- | URL | 2016/04/07 06:24 * edit *

はじめてコメントします。
さくらちゃんだけだった頃からの読者です^^
日本帰国の運びとなり、現在、2回目のワクチン待ちをしているところです。
(永住予定だったので、マイクロチップ以外の準備をしておらず、知人に預けて
先に日本に行くことに(涙))

人によって言うことが違う、人を見て態度を変えるという
ダブルパンチをこんな時に経験するなんて、ショックですよね。。
こちらも読んでいて涙が出そうになりました。

係留の経験談はネット等でもあまり見聞きする機会がなく
大変参考になります。
お世話をしてくれる人が写真つきで連絡くださったり
ちょっとケージの外?を歩かせてもらったり
できるのですね。寂しいけど、2匹一緒だし、
いつもは一定の距離を置いている仲でも
きっと心強いはず!

無事に係留期間が終わって、2匹と新しい生活が
送れますようお祈りしています。




研究者の妻 #- | URL | 2016/04/07 13:08 * edit *

>Yさん
本当に信じられないくらい不親切な人でした。
でも、アメリカだとあるかなぁ。。。とも思います。

各州のオフィスの大きさによって対応が違うのかなぁと思います。
以前さくらと帰国した時は、別の州のUSDAオフィスで、直前の健康診断を受けてからエンドースメントの予約をしても全く問題なかったです。
でも、帰国日がおおよそ決まってきたら、確認はした方がいいかもしれませんね。

そろそろ猫欠乏症になりそうです。。。


>研究者の妻さん
初めまして。
そんなに昔から読んでいただいてるなんて!ありがとうございます。

急な帰国だったのですね。。。
2回目のワクチンということは、まだしばらくは猫ちゃんと離れ離れで寂しいですね。
でも、猫ちゃんの生活を考えると、係留検査所よりお友達のお家の方がいいでしょうね。
係留施設はペットホテルではないので、ご飯やおトイレの掃除など、最低限のお世話になってしまいますし。
それでも、お世話をしていただいている方々には
とても親切に対応していただいて心配はないです。
成田でお会いした担当さんもいかにも猫好きさんという感じでした。

お互い、早く猫達と再会して新しい生活が始められるといいですね。

む〜 #- | URL | 2016/04/08 19:48 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://catnip8.blog75.fc2.com/tb.php/1244-d5158c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2018-08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。