スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

腑に落ちないけれども。。。 

本日、ビビリ〜ずを連れてまたまた病院へ行ってきました。
帰国準備のための狂犬病予防接種2回目です。

今回も爆弾娘はうんP爆弾投下。
おPっこはなかったものの、ケロッピという新型爆弾を繰り出しました。

前回から1ヶ月しか経ってないので、先生もよく覚えていて
「今日はうんPだけなの?じゃ、ここで診察できるかな」って笑いながらうんP処理してくれました(苦笑)
処理後もちょいと臭ってたので、stinky girlという不名誉なあだ名までもらっちゃって
飼い主苦笑いの連続ですよ。
絶叫して抵抗するあおいの後は、まるでお地蔵さんのように微動だにしないさくらを診てもらい
次回の抗体価検査用採血の予約をして無事終了。


ところで、タイトルの腑に落ちないこととは
日本の検疫所とこちらのUSDAオフィスの言う事が一致しないことです。

日本の検疫所のガイドラインには
2回目の予防接種と抗体価検査用の採血は同日可とあるし
通院は猫も人もストレスなので、一緒に終わらせるつもりでした。

ところが、前回、USDAオフィスに電話した時に、
採血前も30日待ってからと言われてしまいました。

日本の検疫所のホームページには同日可と書いてあるし
ダウンロードした英語版と日本語版どちらのガイドラインにも同日可ってなってますよ。
と伝えたのですが
Unfortunately, that is NOT correct.
ですって。
ガイドラインの記述が間違ってるなんて、そんなことってあるの??
しかもこういう仕事はきっちりの日本のガイドラインよ?
という感じで全然腑に落ちないんですけど
USDAのエンドースメントがないと帰国出来ないので
彼らの言う通りに手続きを踏むことにしました。


と言う事で、また来月通院ですよ(涙)


スポンサーサイト

Posted on 2015/09/28 Mon. 21:25 [edit]

CM: 4
TB: 0

top △

2015-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。