あおいの治療 

あおいのお腹にできた腫瘍は残念ながら悪性だったので
切除しただけでは、体内に残っているがん細胞によって
割とすぐに再発のリスクがあります。

体に残っているがん細胞をできるだけ除去するために
抗がん剤治療を始めました。
抗がん剤は副作用が心配だったのですが、
今のところ、それほど食欲も落ちず比較的元気にしています。
猫の場合は一般的に、人のように強い副作用が出るほどの濃度では投与しないのだそうです。


術後服姿が意外とかわいかった。
IMG_3708.jpeg

今回、精密検査や手術などは腫瘍科がある専門の医療センターにお願いしたのですが
たまたまセンターの担当医とかかりつけの先生が個人的にも知り合いだったので
非常に密に連携をとってもらえて、安心感がとても大きかったです。


服を着ても普通に過ごせました。
IMG_3734.jpeg

あおいの希望を理解できない以上
最終的には飼い主としての私の納得感がかなり重要になったのですが
どちらの先生方もとても丁寧に説明してくださり
こちらの考えも聞いてもらえて、
気持ちの整理をしてお願いすることができました。


細かいことを気にしない子でよかったです。
IMG_3737.jpeg

途中、自分の選択であおいが辛い時間ばかりになってしまったら、、、と踏ん切れずにいた時に
「飼い主さんが猫ちゃんのためにたくさん考えて出した答えはそれが正解ですよ」
と悩む時間を与えてもらえて良かったと思います。


術後服を脱いでも特に毛繕いもせず(笑)
IMG_3756.jpeg


今も治療が続いていますが、やはり先生との信頼関係は重要だなと思います。

Posted on 2022/09/25 Sun. 16:06 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

今年の夏の出来事 

今年の夏はなかなかハードな夏でした。

ことの始まりは7月初め。
あおいの食欲がだいぶ落ちてしまったので、かかりつけ医へ。
血液検査の結果はそこそこ良好で、夏バテかもしれないとのことでしたが
年齢のこともあるので、念のためエコーでお腹を見てもらったところ
腫瘍的な何かが見つかりました。

先生の見立てはおそらくリンパ腫とのことでしたが
厄介なことに、細胞診のためのサンプリングがどうしてもうまくいかず
リンパ腫かどうか、リンパ腫だった場合どんな種類なのかなどが分からず
治療方針が決められない状況となってしまいました。
あとは、比較的良性のリンパ腫であることを祈って負担の少ない薬で様子を見るか
開腹手術をして取り出した組織を病理検査するか。

悪性だった場合の生存期間がかなり短いこともあり
どこまで積極的に介入するのがあおいにとっていいのか
抗がん剤治療でQoLが下がってしまうリスクを考えると
延命だけが答えではないかもしれないとあれこれ悩みましたが
最終的には開腹手術&病理検査を選びました。


術後1日目。
IMG_3668.jpeg

結果的には、手術に踏み切って正解でした。
術後の回復は驚異的な速さで、腸を切ったのにすぐにご飯を食べ
夜中に点滴チューブに絡まるほどケージ内を歩き回り
術後4日で退院しました。

ケージに張り紙されてました(笑)
IMG_3660.jpeg

退院後は少しふらつきながらも、ベッドに上がることもでき
IMG_3685.jpeg

術後服も気にせず、爆睡。
IMG_3692.jpeg


退院後1週間くらいは、下痢や膀胱炎があったりでバタバタしましたが
食欲もあって、傷口もきれいになって、順調そのものでした。
病理の結果は、B細胞型大細胞性(悪性)リンパ腫でした。
悪性だったので、切除しなければ最悪今頃は、、、という状況でした。
術後の回復も順調だったので
結果的にはQoLを落とさずに、腫瘍除去ができてよかったです。

Posted on 2022/09/19 Mon. 09:27 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

お膝猫 

この1年ほど完全テレワークなので、お仕事中も猫達と一緒です。

さくらはお膝猫なので、冬の間はほぼ毎日、最近でも少し肌寒い日は膝に乗ってきます。
IMG_3313.jpeg

回り込むとこんな顔
IMG_3316.jpeg

この猫頭をなでつつ、オンラインで打ち合わせをしていることも(笑)
IMG_3317.jpeg

最近はあおいに少し手がかかるようになってきたので
在宅勤務は本当に助かります。

Posted on 2022/06/12 Sun. 18:10 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

微妙な距離感 

うちのお猫様はある程度大きくなってから一緒に暮らすようになったせいか
10年以上の同居を経ても、いまだにコレ↓が近づける限界(苦笑)

IMG_3240.jpeg

しかもこの状況はお互いに聞き耳を立てて、全く寛げていないという状況。

ま、大きな喧嘩はなく、付かず離れずの距離感と言えなくもないですが
飼い主としてはもう少しだけお近づきになってくれると嬉しいような。。。

Posted on 2022/05/15 Sun. 22:02 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

乗り心地 

新聞と猫
IMG_3290.jpeg

基本、乗るよね。。。
IMG_3291.jpeg

Posted on 2022/05/05 Thu. 10:59 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2022-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30